FIGURE フィギュアスケート

フィギュアスケート技の解説

ペア独自の技

ペア競技ならではのダイナミックな演技

ペア競技には、シングルにはない必須要素がいくつかあります。その主な物を紹介します。

ツイストリフト

ツイストリフト

©ジャパンスポーツ

男性が女性を頭上に高く投げて、回転し終えて降りてくる女性を再び受け止める技がツイストリフトです。女性のテイクオフのエッジ、回転数などで難易度を競います。高く投げるだけでなく、滑りながら自然な流れに乗って、受け止めるときももたつかないものが、質のいいツイストとされています。

リフト

リフト

©ジャパンスポーツ

男性が腕をまっすぐ伸ばして女性を頭上に持ち上げる技がリフトです。リフトへの入り方、上がったときの女性の姿勢、支える位置、片手か両手か、そして女性が降りてくるときの変化のつけ方などで難易度が判定されます。

デススパイラル

デススパイラル

©ジャパンスポーツ

男性が円の中心の軸になって片手で引っ張るように女性を支え、女性は体を横にまっすぐ伸ばした状態でコンパスのようにブレードで円を描きながら滑るのが、デススパイラルです。ポジション、技への入り方、女性がどの部分のエッジを使っているかなどで、難易度を競います。女性の背中がきれいに反って、入るときも終えるときももたつかず、スピードの落ちないものが質のいいスパイラルです。

スロウジャンプ

スロウジャンプ

©ジャパンスポーツ

女性がジャンプを跳ぶタイミングに合わせて、男性がパートナーの腰を支えて投げるようにテイクオフするのがスロウジャンプです。ジャンプの種類はシングルと同じですが、男性の力が加わることにより、高さと距離が出る分だけ難易度も高まります。ペアでは通常、サルコウとループの2種類が一般的ですが、中にはフリップ、そして井上&ボルドウィンのようにアクセルに挑むチームもいます。