SPEED スピードスケート

スピードスケート競技のルール

ご存じのように、ダブルトラックで滑走するスピードスケートは、内側と外側の異なるスタートレーンからスタートし、バックストレートでレーンを交差することになります。この交差エリアでは、速いスピードで長い距離を滑走している外側レーンからのスケーターに優先権があります。

500mはストレートからのスタートとフィニッシュ、1000mはストレート中央からのスタートとフィニッシュとなります。ともに素速い加速と力強いトップスピード、ハイスピードのカーブワークとペースワーク、スラップスケートによるダイナミックなスケーティングが楽しみです。

Photo:長島 圭一郎

Photo:長島 圭一郎

スピードスケート競技会

スピードスケート競技会には、オリンピック冬季競技大会、世界距離別選手権大会、ワールドカップ競技会のように単一距離で最終順位を決定する競技会と、世界選手権大会、世界スプリント選手権大会、世界ジュニア選手権大会のように4距離の総合得点で最終順位を決定する競技会の、2とおりの競技会があります。

競技方法

競技は1周400mのダブルトラック(内側半径26m、レーン幅4m)で実施されます。スタートした後、交差区域(バックストレート)に達する度に内側と外側のレーンを交換して滑走しなければなりません。

通常、内側からスタートするスケーターは白色の腕章、外側は赤色の腕章を着用して滑走します。

交差区域では、外側から出てくる者が常に優先となり、いかなる場合も内側から出るスケーターはその進路を妨げてはなりません。スケーター同士の接触や外側から出てくるスケーターの進路を妨害したと判断された者は失格となります。

スタート時の不正スタートはやり直しとなりますが、その組で2度目の不正スタートでもやり直さずに、レース終了後に不正スタートを警告されて失格となることがあります。

400mダブルトラック