whatsnew

INFORMATION

共同通信社 日本、男子リレーで銅 ショートトラックW杯最終日

  • 2017年10月02日
  • お知らせ
  • ショートトラック
 【ブダペスト共同】スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)第1戦のブダペスト大会最終日は1日、ブダペストで行われ、男子5000メートルリレー決勝で坂爪亮介(タカショー)渡辺啓太(阪南大職)横山大希(トヨタ自動車)吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)の日本が銅メダルを獲得した。W杯で同種目の表彰台は2011年12月の名古屋大会以来で6季ぶり。カナダが優勝した。  女子3000メートルリレー決勝で酒井裕唯(保健科学グループ)斎藤仁美(オーエンス)菊池純礼(トヨタ自動車)神長汐音(長野・小海高)の日本は4位に終わり、韓国が優勝した。  男子1000メートルの坂爪、18歳の吉永、渡辺啓と女子1000メートルの菊池純は準々決勝で敗退した。  W杯第1~4戦が各国・地域の平昌冬季五輪出場枠争いの対象となる。 (共同通信社)

PAGE TOP

OFFICIAL PARTNERS

OFFICIAL SUPPLIERS