whatsnew

INFORMATION

共同通信社 スピード、高木美帆が千で初優勝 W杯第2日

  • 2016年12月04日
  • お知らせ
  • スピードスケート

【アスタナ共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦第2日は3日、カザフスタンのアスタナで行われ、女子1000メートルで高木美帆(日体大)が1分15秒25をマークして初優勝した。郷亜里砂(イヨテツク)が5位だった。  男子500メートルで長谷川翼(日本電産サンキョー)は34秒78で6位だった。同1000メートルは小田卓朗(水戸開発計画研究所)近藤太郎(専大)が滑る。男女の団体追い抜きも行われる。  格下のBクラスでは男子1000メートルの中村駿佑(EH)が1分9秒87で1位、同500メートルの羽賀亮平(日本電産サンキョー)が35秒20で2位となった。 (共同通信社)


PAGE TOP

OFFICIAL PARTNERS

OFFICIAL SUPPLIERS