whatsnew

INFORMATION

共同通信社 スピード小平、今季5勝目 男子500メートルで村上2位

  • 2017年01月28日
  • お知らせ
  • スピードスケート

【ベルリン共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第5戦は27日、ベルリンで開幕し、女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)が37秒43で圧勝し、同種目では今季出場した5レースで負けなしの5勝となった。カロリナ・エルバノバ(チェコ)が38秒12で2位。神谷衣理那(高堂建設)が38秒403で4位、辻麻希(開西病院)は38秒404で5位だった。  小平は1000メートルでも1分15秒49で2位に入った。高木美帆(日体大)は1分16秒60で8位。  男子500メートルは村上右磨(村上電気)が34秒97で自身初の表彰台となる2位に入った。羽賀亮平(日本電産サンキョー)は35秒07で5位、長谷川翼(日本電産サンキョー)は35秒22で9位。今季初の国際大会だった加藤条治(日本電産サンキョー)は格下のBクラスに出場したが、最終カーブの出口で転倒して棄権した。 (共同通信社)


PAGE TOP

OFFICIAL PARTNERS

OFFICIAL SUPPLIERS