whatsnew

INFORMATION

高木美帆が世界選手権3位 日本選手17年ぶり表彰台

  • 2017年03月06日
  • お知らせ
  • スピードスケート
 【ハーマル(ノルウェー)共同】スピードスケートの世界選手権最終日は5日、ノルウェーのハーマルで行われ、高木美帆(日体大)が4種目の総合で3位に入った。第1日の2種目で総合首位に立った高木美は、1500メートルで1分55秒81の2位、最終の5000メートルで6位と粘った。日本勢は1990年の橋本聖子らの2位が過去最高で、表彰台は2000年の田畑真紀以来17年ぶり。  イレイン・ブスト(オランダ)が3大会ぶり6度目の優勝を飾った。  佐藤綾乃(高崎健康福祉大)は3種目の総合で8位となったが、3000メートルの順位を重視する規定により、同12位の高木菜那(日本電産サンキョー)とともに5000メートルに進めなかった。  男子の中村奨太(ロジネットジャパン)は1500メートル7位、総合も7位で最終の1万メートルに進んだ。ウィリアムソン師円(日本電産サンキョー)は3種目総合で14位、土屋良輔(専大)は18位。 (共同通信社)

PAGE TOP

OFFICIAL PARTNERS

OFFICIAL SUPPLIERS