whatsnew

INFORMATION

共同通信社 スケート追い抜きで3連続世界新 スピードW杯女子団体

  • 2017年12月09日
  • お知らせ
  • スピードスケート

【ソルトレークシティー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第4戦は8日、米ソルトレークシティーで開幕し、女子団体追い抜きは高木美帆(日体大助手)佐藤綾乃(高崎健康福祉大)高木菜那(日本電産サンキョー)の日本が2分50秒87の世界新記録で圧勝した。第3戦で出したタイムを3秒01も更新。今季の全3レースを世界新で制している。  女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が、第3戦で出した記録を0秒03塗り替える36秒50の日本新で制した。W杯のこの種目では昨季から14連勝、1000メートルと合わせて通算17勝目。36秒36の世界記録を持つ李相花(韓国)が2位、郷亜里砂(イヨテツク)が37秒17で3位だった。  男子団体追い抜きでウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)一戸誠太郎(信州大)中村奨太(ロジネットジャパン)の日本も3分37秒08の日本新で4位だった。 (共同通信社)


PAGE TOP

OFFICIAL PARTNERS

OFFICIAL SUPPLIERS