whatsnew

INFORMATION

共同通信社 男子500メートルは吉沢が初V 女子は桜井が2種目制覇

  • 2009年09月05日
  • お知らせ
  • ショートトラック

 スピードスケート・ショートトラックの今季開幕戦、全日本距離別選手権第1日は5日、ワールドカップ(W杯)代表選考会を兼ねて山梨県小瀬スポーツ公園アイスアリーナで行われ、男子500メートルは24歳の吉沢純平(とらふぐ亭)が42秒084で初優勝した。 1500メートルは角張文彦(サンコー)が2分17秒961で2連覇し、2月の左足首骨折からの復帰戦となる寺尾悟(トヨタ自動車)は500メートル、1500メートルともに4位。 女子は桜井美馬(早大)が500メートル、1500メートルともに初制覇した。 来年2月のバンクーバー冬季五輪の代表は、今大会と12月の全日本選手権の2大会の成績で決める。(了)


PAGE TOP

OFFICIAL PARTNERS

OFFICIAL SUPPLIERS