whatsnew

INFORMATION

共同通信社 羽生、連覇へSP首位 宇野3位、田中は20位

  • 2018年02月16日
  • お知らせ
  • フィギュアスケート

 平昌冬季五輪第8日(16日)フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)が行われ、右足首故障からの復帰戦で、66年ぶりの連覇を目指す羽生結弦(ANA)は111・68点で首位に立った。昨季世界選手権2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は104・17点で3位。初出場の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は80・05点で20位だった。

 アルペンスキーの女子回転で安藤麻(東洋大)は1回目で途中棄権した。男子スーパー大回転はソチ五輪滑降覇者のマティアス・マイヤー(オーストリア)が制した。
 スケルトン男子は3回戦までを終え、高橋弘篤(フリー)は22位、宮嶋克幸(仙台大)は26位で、上位20人による4回戦に進めず敗退した。カーリングは男子1次リーグを実施した。
 夜はノルディックスキーのジャンプ男子ラージヒル予選に前回2位の葛西紀明(土屋ホーム)らが臨む。(共同)
(共同通信社)

PAGE TOP

OFFICIAL PARTNERS

OFFICIAL SUPPLIERS