whatsnew

INFORMATION

共同通信社 宮原4位、坂本5位 ザギトワ世界最高点で首位 フィギュア女子SP

  • 2018年02月21日
  • お知らせ
  • フィギュアスケート
 【平昌共同】平昌冬季五輪第13日の21日、フィギュアスケートは女子ショートプログラム(SP)が行われ、宮原知子(19)=関大=は75・94点で4位、坂本花織(17)=シスメックス=が73・18点で5位だった。
 「ロシアからの五輪選手(OAR)」として出場したアリーナ・ザギトワが世界歴代最高を更新する82・92点でトップ、世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワが81・61点で2位。
 スノーボードは男子ビッグエア予選を実施し、大久保勇利(17)=ムラサキスポーツ、国武大晃(16)=STANCER=は敗退した。アルペンスキー女子滑降はソフィア・ゴッジャ(イタリア)が金メダル。
 カーリング1次リーグは最終戦で、日本勢は男子のSC軽井沢クが午後に韓国、夜には女子のLS北見が4強入りを懸けスイスと対戦する。日本が金メダルを狙うスピードスケート女子団体追い抜きの準決勝、決勝も行われる。
(共同通信社)

PAGE TOP

OFFICIAL PARTNERS

OFFICIAL SUPPLIERS